会社合併後の基盤作り、営業部門活性化研修

営業研修、社員研修のエーファクトリー株式会社

社員研修、社員教育について何でもお気軽にお問い合わせください!

電話番号 お問い合わせメール
営業部門活性化

営業部門活性化研修

業種 : 食品メーカー 研修内容 : 営業部門活性化研修
研修対象者 : 営業課長
研修実施の背景赤棒
赤   会社合併後、企業文化や職場規範の違いから、本音と建前があり、ディスカッションや
     意思決定に障害が生じてしまっている状況でした。
赤   部門・階層を超えて建設的な議論ができるようになるために、共通の基盤づくりを
     する必要がありました。
研修の目的赤棒
赤   営業マンの期待役割や営業マネージャーの期待役割を確認し、個人としての営業の
     あり方と営業課長のあり方の認識のすり合わせを行います。
赤   営業マンと営業マネージャーに求められる能力とその能力の開発方法を学びます。
赤   市場動向や成功事例、失敗事例等の情報共有が素早くできる組織にします。
赤   それぞれ責任ある発言をし、納得度の高い合理的決定を出せる建設的議論ができる
     組織にします。
赤   お互いに積極的にサポートし合い、健全な競争意識がある協働関係の構築を行います。
赤   合併後、企業文化や営業方法等がバラバラの状態であるサラダボウルの状態から
     研修を通して融合させメルティングポットの状態にします。
セールスディビジョン1 セールスディビジョン2
研修内容赤棒
赤   初めにそれぞれの目標を明確にし、研修参加者の研修への動機づけを行いました。
赤   組織の現状の課題や問題点を研修参加者とのディスカッションで洗い出し、
     それらの課題や問題点はどのようにしたら解決できるのか徹底的に議論しました。
赤   問題の解決策と共に実際の職場ではどのようなことをしたらよいのか、
     どのような能力が必要か話し合い、すぐに行動に移せるような環境を整えました。
赤   いわゆる一般的な研修とは一線を画す、受講生同士の議論を中心とした
     研修を行いました。
赤   研修講師は、数々の大企業の組織変革を担ってきたコンサルタントが担当しました。
研修実施後赤棒
赤   会社の置かれている環境と自身の立場を充分理解したので、「今出来ることを
     即行わなければ将来は築かれない」ことを肝に銘じ、課員含め取引先との関係強化に
     取り組んでいく。
赤   営業部の一員であるにも関わらず、組織の実態・数字が実はわかっていないことに
     気づき、情けなさを感じた。部下に対しこれまで適切なアドバイス・方向性の明示が
     出来ていたか、考えさせられた。今後は、今回の研修内容を持ち帰り、課員と
     共有することで業務に活かしていきたい。
赤   出自の異なる社員が混在する場合は、より一層コミュニケーションを深く掘り下げる
     必要があることを痛感した。今後は部下・上司と納得するまで話し合うことを
     心掛ける。
赤   問題にはきちんと向き合い、自己完結するのではなく、組織として共有・解決する
     ことを意識していこうと思った。
エーファクトリーTOP会社概要採用情報プライバシーポリシーお問い合わせ